リート・債権でインカムゲイン

リートと債権をメインとした、分配金狙いの資産運用をしています。

生きたお金の使い方

資産運用を始めてからお金を使い方にシビアになって、なかなか自分に返ってくるような生きたお金の使い方が出来ていません。


生きたお金の使い方の例として、最近相互リンクさせてもらった、しさんためぞうさんの記事を引用したいと思います。

大学生の時、祖父から100万円をもらった話 - 低資金からはじめる投資

記事の概要

唐突に、祖父から一人100万円ずつもらったそうです。


従兄や妹さんは定期預金や保険に使ったのですが、しさんためぞうさんだけは大学生だった事もあり、お金を自由にする事が出来ました。


そして、しさんためぞうさんのお金の使い途は以下の通りです。

何に使ったかというと、その年の春休みを使ってオーストラリアに語学留学とボランティア、計三週間程の滞在に利用しました。費用は全部合わせて40万円くらいだったと記憶しています。
 
その他、興味のあった一眼レフカメラ代に約10万円。
 
株の購入に約20万円。
 
残りの30万円位は自動車免許の取得で消えていきました。

ちなみに、購入した株式は次の3つだそうです。


引用
当時保有した銘柄は、日産自動車ゼンショーホールディングスゲオホールディングスでした。全て株主優待目当てでした。(日産は優待もあったけど配当金目当てだったかも知れません)

羨ましいお金の使い方

語学留学も、一眼レフカメラも、どちらも羨ましいお金の使い方だと思いました。


見かけ上は消費や浪費に見えます。
ですが、バランスシートで考えると、お金の代わりに知恵や経験が資産のところにできています。


実際、しさんためぞうさんも経験になったと書いています。

一眼レフカメラは使い方を覚えて、今では趣味・特技の1つになっています。自動車免許も学生のうちに取っておいたほうが無難ですし、オーストラリアに行ったことも貴重な経験になり後悔していません。

あとは、この資産を如何に有用に使うかどうかですね。


金持ち父さんの定義で言えば、自分のポケットにお金を入れてくれるものが資産です。
この経験からお金が生まれれば、資産となるわけです。

最後に

最近、私は投資以外で資産になるようなお金の使い方が出来ていないと感じています。


しさんためぞうさんの例に習って、良いお金の使い途を考えたいなと思います。
余談ですが、健康目的でボーリングをしようかなと考えています。

信用取引でインカムゲインを増やせるか

インカムゲインを最大化するために、信用取引を用いてレバレッジをかける方法を検討してみました。

 

 結論からいうと、信用取引の各種手数料が高すぎて逆ザヤになってしまいました。

 

ただ、各種手数料の安い証券会社が探せばリターンを得る事はできるため、興味のある方はどうぞ。

 

なお、この記事の手数料は全て楽天証券のものを参照しています。

信用取引 手数料/金利/貸株料 | 信用取引 | 国内株式 | 楽天証券

買方金利

買方に発生する費用です。証券会社から借りたお金に対してかかる金利で、買い建玉に対してかかります。

 

 

通常金利

優遇金利

制度信用取引

年2.80%

年2.28%

一般信用取引「無期限」

年3.09%

年2.90%

 

優遇金利判定条件(いずれかを満たしていること)

・判定月の信用新規建取引の約定金額の合計が5億円以上

・判定月の25日時点での未決済建玉残高が5億円以上

・判定月の日々における未決済建玉残高の平均が5億円以上

優遇金利は条件クリアが難しいため、通常金利で考えます。

さらに、継続保有して分配金を得るのが目的のため、無期限の一般信用取引を使用します。

そのため、買方金利は年3.09%となります。

名義書換え手数料

買い建玉が決算日(権利確定日)をまたいだ場合に発生する名義書換料です。

信用建玉毎に1売買単位あたり50円+消費税(ETF/ETNについては、1売買単位あたり5円+消費税)

※名義書換料(権利処理等手数料)の料率は、2017年6月27日より、前月末時点の貸借値段(信用取引における貸付金額および貸借株券の価額を決定するための1株当たりの価格のこと)に対する割合が1%を超えない範囲で設定するものとし、超える場合はこれを引下げます。

リートの権利確定日は年2回が多いため、名義書換え手数料は108円/年となります。

事務管理

新規建て約定日から1カ月経過するごとに発生する管理費です。

1株あたり10銭(税込10.8銭)売買単位1株単位の銘柄については1株あたり100円(税込108円)。

ただし、同一銘柄、同一日に成立した売付株数又は買付株数をそれぞれ合計し100円+消費税に満たない場合は100円+消費税、1,000円+消費税を超える場合には1,000円+消費税とします。

※税込金額を基に計算した結果生じた円未満の端数は切り捨てております。

10単元以上購入した場合は割安になりますが、ここでは10単位未満の購入で考えたいと思います。

事務管理手数料は108円×12ヶ月で1296円/年となります。

10万円のリートを購入した場合

さて、ここでは実際に各種手数料がいくらかかるか、10万円のリートを1口買ったと仮定して計算したいと思います。

名目

金額

金利

買方金利

3090円

3.09%

名義書換え手数料

108円

0.108%

事務管理手数料

1296円

1.296%

合計

4494円

4.494%

事務管理手数料が意外と高く、1%以上の費用がかかってきます。

 

トータルでの手数料は約4.5%と高く、これでは分配金を得ても逆ザヤとなるかもしれません。

 

結論としては、信用取引を用いてのアービトラージは難しそうです。

 

よほど利回りの高い証券を見つけるか、もっと各種手数料の安い証券会社を探す必要がありますね。

 

それでは、ゆっくり確実に資産家になりましょう!

 

ラクをしないと成果は出ない

自分の働き方について色々と考えています。


今回は、無闇な労働により時間と体力を浪費しないために読んだ本について紹介したいと思います。

働く事に関する話は「働くという事」タグにまとめていくため、ぜひ過去の記事についてもご参照ください。

1.概要と章立て

ラクをしないと成果は出ない (だいわ文庫)

ラクをしないと成果は出ない (だいわ文庫)

 

「やるべきこと」を圧縮し、「やりたいこと」を拡大する100のアイデア

(本の帯より引用)
 
第1章 基本編
第2章 インプット編
第3章 ネットワーク編
第4章 撃退編
第5章 独立編
第6章 継続編
第7章 組織編
第8章 時間編
第9章 アウトプット編
第10章 生活技術編

2.感想

1項目2ページで、100項目にわたって不要な事を省き、やりたい事に注力するための方法論を解説しています。

1項目が2ページしかないため、各項目の内容を読んで即改善につなげられるような濃い本ではありませんでした。
ですが、各項目の内容は興味深い考え方が多いです。

この本は労働の改善ポイントを見つけるためのヒント的な使い方に適していると思います。
ヒントを読み、そこからの対策に関しては自分で考えていく、そういった気持ちで読む事をオススメします。

3.注目した5項目をピックアップ

本を読みながら、気になった項目についてはページの端を折ってマーキングしておきました。
その中から、5項目をピックアップして紹介したいと思います。

35 NGな人には説明しない。NGな人とはモメない。

説明するのには多大な労力がかかる場合があります。
そのため、説明に値しない人にはそもそも説明しない、チームの中で説明に値しない人がいるならば説明する側に立たせる事を推奨しています。
私は色々と説明したり、説明の準備のために労力をかけがちのため、これを削減しようと思いました。

41 本当に「良いもの」は自分で売ってみる。

モノの売買はビジネスの核となる部分のため、私もやろうと思いました。
一旦、メルカリあたりを試そうかと思います。

67 インセンティブを高める工夫だけで、成果が上がる場合は予想外に多い。

この項目では、「他人のモチベーションを変える事はできない」という説明があります。
まず、モチベーションは変えられないという前提に立つ事が重要だと思います。
その上で、インセンティブにより対応できないか考えてみてはいかがでしょうか。

83 「本格的に勉強したい」分野の仕事を引き受ける。

金持ち父さんにも似たような内容があります。
”学ぶ”ためには仕事をする事が一番手っ取り早いです。
学びたい内容の仕事には率先して手を挙げていこうと思います。

84 アウトプットしないものはインプットしない。

これは最終アウトプットに使わないのなら省略しましょうといった内容です。

分かっていつつも余計な内容まで調べてしまった経験ありませんか?
無駄な労力となってしまう事が多いため、自制して必要な内容に絞りましょう。

この記事のまとめ:

・不要な事を省き、やりたい事に注力するための方法論を解説
・労働の改善ポイントを見つけるためのヒント的な使い方に適している
 

【18年8月収入】

18年8月の資産収入を公開したいと思います。

今月から、外貨資産も追加します。

18年8月資産収入

 

金額(円)

貸株金利

796

野村高配当株ETF

60

新興国債券ETF

3099

大江戸温泉REIT

9703

タカラレーベン

3264

合計

16922

外貨資産による配当は年一回集計予定

8月の資産収入は16922円でした。
 
資産収入履歴(貸株金利+分配金)
18年4月:472円(472円+0円)
18年5月:4624円( 639円+3985円)
18年6月:2288円(738円+1550円)
18年7月:3578円(762円+2816円)
18年8月:16922円(796円+16126円)

保有資産

円建て資産

元本250万円

配当再投資は無し。

配当の入金は元本追加扱いとする。

 

証券コード

銘柄

保有数量

1566

新興国債権ETF

9

3298

インベスコ

6

3451

トーセイ

2

3472

大江戸温泉

3

3473

さくら総合

2

3487

CREロジスティクス

2

8963

インヴィンシブル

6

8979

スターツプロシード

1

9281

タカラレーベンインフラ

1

9283

日本再生可能エネルギー

3

9284

カナディアンソーラーインフラ

1

 

外貨建て資産

元本70万円

配当再投資あり

名目

数量

HDV

40

ドル定期預金

2731ドル

 

 それでは、ゆっくり確実に資産家になりましょう!

証券取引等監視委員会(SESC)に通報する方法

最近、上場企業のCEOがツイッターでありえない発言をしていました。

(詳細は記事の最後に書きます)

 

この発言は風説の流布もしくは相場操縦に当たるのではないか思い、証券取引等監視委員会(SESC)に通報する方法を調べました。

 

下記の①と②は上場企業に勤務する人を対象とした通報方法となるため、株式取引をする方は③の通報方法を参照して下さい。

 

なお、この記事の引用文は証券取引等監視委員会通報窓口から引用しています。

公益通報としての通報

公益通報者保護法の適用対象となる場合です。

公益通報窓口で受け付ける通報について≫

公益通報としての通報においては、以下の要件を満たす必要がありますのでご注意願います。

(1) 通報者が、通報対象となる事実に関係する事業者に雇用されている労働者であること。

(当該事業者を派遣先とする派遣労働者及び当該事業者の取引先の労働者も含みます。)

(2) 通報に不正の利益を得る目的、他人に損害を加える目的等がないこと。

(3) 通報対象となる事実が生じ、又はまさに生じようとしていること。

参照:公益通報となるために必要な事項について|消費者庁

(4) 通報対象となる事実が真実であると信ずるに足りる相当の理由、証拠等があること。

(5) 当委員会が処分若しくは勧告等をする権限を有している事実であること。

参照:公益通報の通報先・相談先 行政機関検索|消費者庁

公益通報に準ずる通報

公益通報者保護法の適用対象外となる場合です。

(a)  役員又は退職若しくは退任後5年以内の労働者若しくは役員からの通報(在職中に生じた事実について通報する場合に限る。)であって、上記(2)~(5)までの要件を満たすものである場合

(b)  上記(1)又は(a)に規定する者からの、通報対象事実以外の法令違反の事実に関する通報であって、上記(2)~(5)までの要件を満たすものである場合

 

③一般的な通報

情報提供窓口はこちらになります。

https://www.fsa.go.jp/sesc/watch/index.html

 

収集している情報は主に次のようなものだそうです。

相場操縦や風説の流布が例として挙げられています。

◦相場操縦(見せ玉や空売りによるものなど)やインサイダー取引(会社関係者による重要事実の公表前の売り抜けなど)、風説の流布ネット掲示板の書込みやメールマガジンによるデマ情報など)、疑わしいディスクロージャー有価証券報告書や適時開示など)やファイナンス(架空増資や疑わしい割当先など)、内部統制等の問題などといった、個別銘柄に関する情報

◦証券会社や外国為替証拠金取引業者、運用業者、投資助言業者などによる不正行為(不招請勧誘やリスク説明の不足など)、経営管理態勢や財務内容に関する問題(リスク管理、分別管理、自己資本規制比率の算定等)などといった、金融商品取引業者等に関する情報

◦疑わしい金融商品やファンド(投資詐欺的な資金集めなど)に関する情報

◦市場の公正性を害するような市場参加者(いわゆる仕手グループなど)に関する情報

など、市場の公正性・透明性の確保や投資者保護の上で問題があると思われるような情報全般。

 

サイボウズCEOの発言

今回、通報方法を調べたきっかけは、サイボウズCEOのツイートになります。

 

しつこくサイボウズの株価が上がっている。バブると経営上マイナス面が強くなるので、経営者としては対抗手段を考える必要が出てくる。ただひたすらに理念に沿って行動していきます。

引用元:https://mobile.twitter.com/aono/status/1034616358762209281

 

ツイッター上では、株価が下がるのを歓迎する事にクレームが出ています。

しかし、私としては割高な株価が是正された事は別に悪い事ではないと考えています。

 

しかし、上記の発言はダメだと思います。

もし、投資家がこの発言を見たらどうするでしょうか?

インサイダーが高いと発言していたら、普通売ろうと思いますよね。

買おうと思っていたら、買うのを取りやめます。

 

実際この発言の後、株価は急落しています。

ウソでは無いので風説の流布には当たりませんが、こんな言動がまかり通ってしまうのならば、株式市場の公平性は保てません。

 

発言の前に空売りする事で、稼げる事になってしまいます。

もちろん、その利益の裏側では株主の不利益を受けているわけです。

 

こんな事情から、通報しようと情報を集めていました。

 

調べた結果、残念ながら株価操縦には当たらない事が分かったため、通報は諦めましたが、もし今後保有企業で問題行為を発見したら通報していきたいと思います。

働く理由に悩んだら5W1Hで考える

インカムゲイン狙いの投資を始めてから半年が経ち、分配金収入がだいぶ入るようになってきました。

 

金銭的な余裕が出るのは良かったのですが、その分労働意欲が下がるのを感じています。

 

そこで、なぜ働いているのか悩んでいたのですが、5W1Hを使って整理する事で思わぬ働く理由に気付く事が出来ました。

働く理由に悩んでいたら、ぜひ試してみて下さい。

当初の目的がなくなった

金銭的な余裕が生まれた

冒頭でも書きましたが、分配金による収入が生まれ、いずれは給与に頼らず生活できるのでは?   という想像が止まりません。

 

これまで生活や資産形成のために給与が多く欲しいと思う事が多く、これが仕事への強いモチベーションとなっていました。

これが働く理由が分からなくなった大きな理由です。

フロントエンドから外れた

元々、顧客と頻繁にやり取りするエンジニアをしていたのですが、今年異動を命じられ、間接部門に異動となりました。

 

顧客対応をしている時は、受注を獲得して会社に利益をもたらそうと強く思っていました。

ですが、異動で社内のやり取りばかりとなり、いまいちやる気が出なくなっていました。

5W1Hで整理してみる

悩んでいく中で、不意に5W1Hにまとめてみたらどうだろうと思いました。

書いてみると次のようになりました。

 

WHO:自分が

WHEN:49歳まで

WHERE:日本で

WHAT:働く

WHY:精神的に安定するため

HOW:ゆっくりと

整理して気付いた事

意外にも働く理由に、精神的に安定するため、というものが出てきました。

 

元々、躁鬱のある気質であったため、働く事で落ち着いた考え方が持てている事に気が付きました。

 

また、働き方(HOW)についても、焦る必要は無いのだと気付きました。

 

これが整理する事で明確になった、私の働く理由と働き方です。

 

人によって答えは様々かと思いますが、5W1Hに当てはまる事によって、自分の考え方を整理する手助けとなると思います。

働く理由に悩んでいる方は、ぜひ試してみて下さい。

 

それでは、ゆっくり確実に資産家になりましょう!

スマートマネー計画

国際的にはキャッシュレス化が進んでますが、日本では未だ現金が幅を利かせています。


ポイント還元や割引が受けられるため、電子マネーやクレジットカードをメインにしている人もどんどん増えているように感じます。


私の場合、キャッシュレスというより、財布の中身を整理するために、工夫を始めました。

 

小銭

1円、5円、50円玉は財布に入れない。
1円、5円はあまり使わないため、50円玉は100円玉と見間違えて苛立つためです。


これらをもらったら、ポケットに入れて、家に着いたら小銭入れに入れてます。

 

お札

お札は千円札のみにしています。
高額の支払いはカードでOKなので、使いやすい千円札だけにしています。


厚みがあるから、気持ち良いです。
万札などもないため、いくら入っているかも把握しやすいです。

 

クレジットカード

カードは一枚に集約

クレジットカードはポイントのたまりやすい楽天カードに集約しています。
複数枚持つとポイントがバラけるので、一枚だけ。


ちなみに、楽天ポイント楽天モバイルの料金に使っています。

 

千円以上のみ

あまり少額で使うのは気が引けるので、カード支払いは千円以上のみにしています。

 

また、少額の買い物を頻繁にしていると、カード利用履歴を見た時に何を買ったのか思い出すのが難しくなります。

千円以下であれば、現金払いのが良いだろうと思っています。

 

チャージ式電子マネーは使わない

チャージ式電子マネーWAONnanacoを筆頭に、edy交通系電子マネーなどありますよね。
 
キャッシュレスにするために、ちょっと使ってみたのですが、これは使えないなという結論に至りました。
 
なぜかというと、すごく単純な事なんですが、チャージするために時間がかかるのが致命的にダメです。
 
チャージするために、お金を渡してタッチしてレシートをもらう。そして、さらに電子マネーで会計をする。
この時間は意外と長いです。
 
この間、マックスバリュで買い物していたのですが、前の人がチャージしてお金を出してとやっていて、レジが渋滞していました。
 
その後、自分はカード払いしたら一瞬で終了。
その時に、チャージ式はダメだと悟りました。
 
小銭は減らせるかもしれませんが、これでは使えません。
 
それに、チャージは現金の先払いとなるため、会計的にも不利な行為です。
(無利子でお金を貸した事になる)
 
以上の事から、チャージ式電子マネーは避けようと思います。
 
 
それでは、ゆっくり確実に資産家になりましょう!